上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
緊急シンポジウム「岡崎の文化資産を考える」

くらしの中の文化資産を未来に伝え、街を元気にする

旧本多邸の復元と活用問題をきっかけに、岡崎に残る歴史的遺構、近代遺産を
市民活動、街づくりの拠り所となる「文化資産」として見直そうという機運が高まってまいりました。
私たち、コミュニティシンクタンクmocoは独自の視点から
文化資産と、街づくり、コミュニティづくりについて提言します。

日 時 2008年12月14日(日)14:00~16:30 受付 13:30~
場 所 せきれいホール集会室201号室
       岡崎市朝日町3丁目36番地5
       http://home1.catvmics.ne.jp/~kaikan/sekirei/index_sekirei.html
参 加 当日自由参加:先着48名
参加費 500円(会場整備費としてご協力をお願いします)
総合司会 島崎義治 (人間環境大学教授)


14:00~15:15
緊急報告-1  北野哲明  (建築家)
 ・岡崎の文化資産の現状と市民のかかわり方について
緊急報告-2  嶋村 博  (考現学・街かど探検家)
 ・くらしの中の文化資産
緊急報告-3  市橋章男   (歴史家)
         稲垣光威   (近代繊維産業研究家)
 ・岡崎城の石垣を守ること 歴史の視点から
 ・岡崎の近代を支えた産業遺産の復活をめざして


-休憩-
15:30~16:30
質問と自由討論 ならびに提言


主催:コミュニティシンクタンク moco
~岡崎からコミュニティを考える市民グループ~
申込 問合せ先:〒444-0063 愛知県岡崎市元能見町33 情報文化社内
TEL/FAX:0564-23-3298 Email:info@mocomoco.ws http://www.mocomoco.ws
スポンサーサイト

2008.12.08 
コミュニティシンクタンク「moco」主催による
「よりよい岡崎を考える市民シンポジウム」は6月22日、雨中にもかかわらず、55名もの参加をいただき、開催できました。ありがとうございました。

シンポジウムやこれまでのギャザリングから得られた方向性に向けて、2歩目を踏み出してまいります。
現在、記録や提言をまとめたマガジンを作成中です。

2008.06.27 
コミュニティシンクタンク「moco」主催による
「よりよい岡崎を考える市民シンポジウム」を開催します。

日 時   6月22日(日) 13:30~16:45(予定)
場 所  竜美丘会館 301号室
参加費  500円(運営協力費、お茶・菓子含)、直接会場へどうぞ
連絡先  moco事務局 Eメール info@mocomoco.ws TEL 0564-23-3298

詳しくは↓
シンポ案内(広報)080613

-----

2008.06.13 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。